見直し

生命保険の見直しをなぜするのか?

最近ではテレビCMを見ているだけでも保険の見直しについて流れています。でも一度入った生命保険をなぜ見直さないといけないのでしょうか?これには二つの理由があります。一つは今まで入っていた生命保険そのものが良くない事が多いからです。特に多いのは10年更新型の生命保険が一般的だったからです。若い年齢の時は安い保険料で大きな保障額の保険に入る事が出来るのですが、年齢を重ねるに従って保険料が上がっていく。こういうスタイルの生命保険が一般的だったのです。これが今では終身保障の生命保険が多くなってきましたので、最初に契約をした保険料があがる事は無くなったのです。これには外資系の生命保険会社の参入などの影響もありますが、時代の変化と共に生命保険も変わってきているので見直しが必要となってきているのです。もう一つの理由は、医療保険、がん保険などはどんどん良い商品に進化をしています。その為、今加入している保険も悪くはないのですが、もっと良い商品に入りなおすという事も多くなってきているのです。あとは環境の変化はどんどん変わっていきます。契約当初は必要だった保障額も年齢を重ねるに従って保障額も少なくなっても良いケースもあります。こういう場合にも生命保険は見直して節約する事も出来るのです。この見直しがスムーズに出来るようになった背景には、乗り合い代理店の増加にあります。一つの保険代理店で複数の保険会社の商品を扱えるようになったので、良いところだけを選ぶ事が可能となりました。これが生命保険の見直しが流行った背景ですね。しかし保険代理店も営利主義ですので、お客様の事ばかりを考えているとは限りません。自分達の実入りのことを考えている保険営業もいますので注意が必要です。