注意点

生命保険を考える時の注意点とは

生命保険の加入や見直しを考えた時、注意をしなくてはならない事があります。それは加入を考える順番です。これは色々な話を聞く事になる生命保険への加入。あれもこれも話をしているうちに、どこから手をつけて良いのかわからなくなってしまいます。この為、最後には何も加入出来ていない、なんていう事もよくある話ですね。まず生命保険と言うのは、大きなリスクが考えられる事柄から考えるべきです。例えば子供が小さいうちは、お父さんの死亡保障額も大きくなります。この場合、死亡保障を定期型にするのか、それとも終身型にするのかから決めていきましょう。一気に考えてしまうと、保険料も大きくなってしまう傾向にありますし、まず何も加入する事が出来ません。医療保険に関しては、もし入院ぐらいのお金を貯蓄でまかなうことが出来るようでしたら、後回しにしても大丈夫だと思います。とにかくリスクの大きな事柄から加入をしていくのをお勧めします。別に一気に全部の生命保険に加入する必要はありません。順番に加入していけば良いですので。次にリスクの大きいと考えられるのは医療保険ではなく、がん保険。がん保険は治療費が通常の入院よりも多くかかるものです。しかも治療をする期間も長くなる事が多いので、次に大きなリスクと考えても良いのではないでしょうか。医療保険に特約としてがん保険を付けることも出来ますが、極端な話、医療保険は加入せずがん保険だけでも加入するのでも良いかと思います。入院をしても貯蓄などでまかなっていけるのにわざわざ保険料を支払う必要もありませんし。こういう考え方で生命保険選びを進めていってください。良く間違える注意点だと思いますので。